かかりつけ医とは?

かかりつけ医をもとう

日常的な診療や健康管理等を行ってくれる身近なお医者さんを「かかりつけ医」と呼んでいます。
急な病気はもちろん、健康や医療に関するいろいろなことを、気軽に相談できるのが「かかりつけ医」です。


かかりつけ医のメリット

家族の病状・病歴、健康状態を把握しているので、もしもの時にも素早い対応ができます。 入院や検査などが必要な場合、適切な病院・診療科を指示、紹介してもらえます。 食事や運動など、日常の健康管理のアドバイスをしてもらえます。


かかりつけ医と介護サービス

介護保険とは・・・

保険料を納め、65歳以上(※老化に伴う特定の疾病が原因の場合は40歳以上)で介護が必要になった場合に、介護サービスを利用出来るという制度。

かかりつけ医はいつも家族みんなの健康状態を把握しているので、介護が必要になった場合はアドバイスなどをしてくれます。さらに、介護保険で利用できるサービスの中には、医師の指示が必要なものもあります。


申請 → ※認定調査・主治医意見書 → 審査・判定 → 認定・通知 → 介護サービス計画の作成 → 介護サービスの利用開始


※認定調査・主治医意見書・・・

本人の主治医に、心身の状況についての意見書を発行してもらいます。主治医がいない人は市町村が指定した医師の診断を受けます。(かかりつけ医も「主治医」に含まれます。)

かかりつけ医は、介護サービスを利用するための「要介護・要支援認定」の流れの中でも、大切な役割を果たします。

介護保険で利用できるサービス
  • 訪問介護
  • 訪問看護
  • 訪問リハビリステーション
  • 通所介護
  • 通所リハビリステーション
  • 短期入所
  • 福祉用具貸与
  • 住宅改修費の支給 など


ページの先頭へ

ホームへ戻る