在宅医療とは?

在宅医療とは、医師や看護師など医療スタッフが患者さんのご自宅へ訪問して診療や治療を行うことです。

通院が困難な方に定期的な診察(訪問診療)をしたり、積極的な治療が困難な場合で、在宅での治療を希望する方には、その意志を最大限に尊重できるようにお手伝いします。

zaitaku_01.png



在宅医療に対するニーズと現状

自宅で療養生活を送りたい、終末期を自宅で迎えたいと希望している方は6割(全国値)を超えていますが、医療や介護などのさまざまな問題から、大半の方は医療機関で亡くなられています。
本人や家族が住み慣れた場所での療養生活を継続するためには、自宅や施設などにおいても訪問医療や訪問看護などの在宅医療サービスが提供され、看取りまでも視野に入れた体制を整備することが必要です。


私たちを支える在宅医療サービス


病院、診療所をはじめ、訪問看護ステーション等の医療・看護・介護サービスの提供に関連する多くの機関が在宅医療を支えています。


私たちの周りの在宅医療サービス

医療機関


病院、診療所において、医師や看護師が通院困難な患者を対象に往診や訪問診療を行います。また、患者の急変時には、入院ベッドを提供し、もしくは他の医療機関への入院を円滑に促します。


在宅療養支援診療所


医療機関のなかで、24時間緊急な往診や訪問看護が可能な診療所です。他の医療機関やケアマネージャーとの連携を行う機能も持っています。


かかりつけ医


特定の疾患の専門医ではなく、日頃から患者の体質や病歴、健康状態を把握し、診療行為のほか健康管理上のアドバイスなどもしてくれる身近な医師。
常日頃から患者の状況を詳しく把握しているので、いざというとき適切に対応し、対応が困難な場合は専門医を紹介してくれます。病気にならないための、予防医学という観点からも重要な役割を果たしているのです。


訪問看護ステーション


訪問看護とは、専門的な知識と技術を持った看護師や保健師が、医師と連絡をとりながら直接自宅を訪問し、療養上の世話や医療処置などの看護サービスを提供することをいいます。


薬局


訪問診療の受診後等において、在宅医療を受ける患者を薬剤師が訪問し、薬剤に関する指導を行います。
また、在宅での緩和ケアに重要な医療用麻薬について、患者の健康状態から、患者、家族以外のホームヘルパー等が必要に応じて医療用麻薬を受け取ることができるなど、薬局は、在宅医療を支える医療提供施設のひとつとして位置づけられました。


歯科診療


在宅医療を受けている高齢者、難病や障害のある患者に対し、訪問により専門的な治療を行います。



在宅医療サービスを利用して、自宅で療養するためには、かかりつけ医、ケアマネージャーさらに協力してもらい、その人に合った最適な方法を考えていくことになります。

ページの先頭へ

ホームへ戻る